複雑なFP試験制度は、民間資格から国家資格への移行によるもの

いざ「FPを目指そう!」という方にとって、非常にややこしいFPの試験制度というのは最初に頭を悩ませるポイントになってくると思います。

きんざい?FP協会?それぞれで試験が行われているようだけれど、一体何が違うの?

同じFP資格なのにどうして2種類もあるのか、そしてそれぞれどのような違いがあるのかなど、ちょっと調べただけでは分かりません。
オススメの学習方法を伝授してくれるサイトはあまたあれど、前提となる試験制度について解説する情報ページというのは意外にも少ないのが現状です。

このサイトでは、難解なFP試験の制度の仕組みを始め、巷に溢れるFP試験にまつわるあれこれをぎゅっとまとめ、受験生の皆さんにご紹介しています。
あらゆる疑問をクリアにして、どうぞすっきりとした気分でFP試験に臨んでください!

さて、まずはFP試験の試験制度の概要について、簡単にまとめておきたいと思います。

今でこそ「国家資格」として知られるFPですが、もともとは民間資格としてスタートした資格でした。
当初より運営母体は「NPO法人日本FP協会」と「社団法人金融財政事情研究会(以下、「きんざい」)」があり、ひとくちにFPと言っても2種類の異なる民間による試験が存在したと言うわけです。
国家資格としてのFPが誕生したのは2002年のことでした。
これにより「FP技能士」に改称されますが、母体としてはきんざい、FP協会がともにFP技能士試験の指定機関として認定されることとなり、実質的には従前とさほど変わりのないような状況に落ち着いたというわけです。

きんざいが行うFP試験は、従来通り1~3級の検定が設定されており、そのままFP技能士の級として認められます。
一方で、FP協会主催のFP試験に関しては、2級FPとAFP認定の両方が兼ねられたテストとなっており、合格して登録すればそのいずれも名乗ることができるようになります。
しかしながら、1級FP技能士の場合はCFP認定のみでは名乗ることができません。

ちなみに、きんざいとFP協会の相互性に関しては、

  • FP2級の受験資格のひとつに「協会認定のAFP認定研修修了者」が定められている
  • 2級合格者が所定の認定研修を修了することで、FP協会のAFPに認定される
  • CFP合格者は1級FP技能検定の学科が免除となる

といった項目が挙げられます。
運営団体は違えど、どんな切り口からでもFP資格を目指せるよう様々な配慮がされているといった印象を受けますね。

何かとややこしいFP技能士試験ですが、ステップアップの方法としては
  1. FP3級→FP2級→AFP→CFP→1級
  2. FP協会認定講座受講→AFP・2級→CFP→1級

のいずれかがスタンダードであると思われます。

もちろん、実務経験の有無によって変わってくる部分もありますが、未経験者であることを想定すると概ねこのようになるでしょう。


次項以降では、難解なFP試験についてもっと掘り下げて解説していきます。
ぜひ、参考になさってみてくださいね!

次のページは「きんざい?協会?どちらを受ける?」です!