企業系のFPとは?

仕事としてのFPには2種類ある

「お金」に関する知識・スキルを学ぶFPは、日常生活でも役立つということで、仕事のためではなく、あくまでも実用や自己啓発のために取得する人も少なくありません。
FP3級までであればそれでも良いのですが、せっかく苦労してFP2級以上の難しい試験に合格したのなら、やはりFP資格を仕事に活かすことも考えたいものです。

「FP資格を仕事に活かす」ということは、基本的にはファイナンシャル・プランナーとして働くことを意味します。そして私たちは、このファイナンシャル・プランナーのことを略して「FP」と呼んでいるわけですが、厳密にはFPには2つのタイプが存在します。

まずひとつめは「企業系FP」と呼ばれるタイプで、このタイプのFPは主に保険会社、銀行、証券会社などに勤務して、そこの社員という立場でファイナンシャル・プランニング業務を行います。
もうひとつは「独立系FP」と呼ばれるタイプで、こちらのタイプのFPはどこにも所属せず、自ら事務所を構えて一匹狼としてファイナンシャル・プランニング業務を行います。


企業系FPになるために(就職・転職の難易度)

ここでは、2つあるタイプのうち、「企業系FP」についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

「企業系FP」の主な仕事内容は、窓口での相談業務や、所属する金融機関が主催するセミナー業務などですが、それ自体は無料で行われることが多くなっています。その代わり、相談やセミナーの終了後に自社の金融商品をお勧めし、販売することで利益を得るという形を採ります。

その実績は報酬にも当然反映されますが、とは言っても、「企業系FP」はあくまでも金融機関に勤務する会社員ですので、一般的なサラリーマンと比べて年収が大きく変わるようなことはあまりありません。

さて、そんな企業系FPになるためには、どうすれば良いのでしょうか?
今述べたとおり、FPと言えども一会社員に過ぎませんので、基本的には通常の就職・転職活動を通じて、金融機関に入社しなければなりません。

ただし、金融機関に就職・転職するにあたって、FP資格が大きな武器になることは間違いありません。FP資格を取得して実際にファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている人のほとんどは、「企業系FP」の道を選んでいるようです