合格率のウソ、ホント

「きんざいよりも協会のほうが合格率高め?」の裏側

前項で「2級がいいの?それともAFP?」という話題に触れましたが、それぞれの合格率に注目した場合、きんざいと協会では下記のように比較することが出来ます。

試験日 きんざい
学科
協会
学科
きんざい
実技
協会
実技
2012年1月 20.29% 38.96% 23.02% 49.17%
2011年9月 24.98% 43.11% 44.02% 50.66%
2011年5月 29.69% 42.51% 42.65% 56.92%
2011年1月 21.43% 35.63% 25.02% 69.34%
2010年9月 30.31% 43.11% 35.05% 36.64%
2010年5月 49.50% 55.20% 68.07% 42.23%
2010年1月 23.49% 29.17% 32.61% 43.06%
2009年9月 29.09% 34.25% 38.56% 44.58%


上記は、きんざいとFP協会それぞれの公式HPに公表されているデータをまとめたものです。
また、きんざいの実技試験については初学者の大多数が選択する「個人資産相談業務」での合格率を採用しています。

いかがでしょうか?
分かりやすいように合格率の高い方を赤で記しましたが、「協会の合格率の方が高い」のは一目瞭然ですね。
こうなると、「FP試験受けるなら協会で・・・」と言いたくなりますが、ちょっとストップ!ここで、前項の後半部分につながってくるというわけです。

 協会のFP試験を受験する人の場合、その出題の特徴から、すでに実務に携わっている方が多い傾向にあります。
また、資格取得後に投資を要するAFPやCFPを目指す方ばかりですから、いわば“その道のプロ”を目指す人ばかり。
単なる教養のためのFP試験ではなく、その先も見据えて挑戦されているのです。
よって、協会側のFP試験の合格率の高さというのは、単純に「試験内容が容易だから」とは言い難いということになります。

 FP試験で公表されているデータの裏側、少しはお分かりいただけたでしょうか?
こうした背景を心に留め、相応しい方のFP試験に挑戦できると良いですね。