日程

チャンスは年3回、各回の実施級は要確認

 FP技能士試験は例年1年に3回、5月、9月、1月に実施されます。
ただし、5月実施のFP試験については2級、3級のみの試験となっているので注意が必要です。
また、1級FP試験については9月、1月に学科が行われますが、実技試験の日程はそれぞれ別に設けられており、6月、2月に予定されている点に特徴があります。
詳細はきんざい、日本FP協会の公式HPに掲載されているので、受験を決意したらまずはいつの受験を目標にするのか、具体的な試験日を確認し検討すると良いでしょう。

FP試験に向け学習する過程においては、どうしてもスランプに陥ることもあるかと思います。
そんな時には、FP試験日までの日数を常に振り返るようにしましょう。
まだまだ時間があることが分かればそれだけで必要以上の焦りが消えますし、一方で
あまり期間がないと気付けばやる気が戻ってくるかもしれません。

FP試験合格のカギは「試験日に知識のピークを迎えられるよう計画を立てること」にあります。
そのために、試験日程は常に念頭に置いておくことが重要なのです。

 2級、3級の場合、FPの試験時間帯としては、各試験日の午前中に学科、午後に実技が予定されています。
いずれも1日がかりの長丁場になりますから、試験対策の段階でしっかりと集中力を養っておくことが必要です。
具体的には学科で2時間、実技で1時間半ですから、日頃の学習には90分(1時間半)サイクルで取り組んでおくのがオススメです。

この「90分」というのは、実際のFP試験時間に標準を合わせるという意味合いがもちろん強いのですが、もうひとつ大きな理由があります。
ある科学者によると、「ヒトが一度に集中できる時間数は90分が限度」という研究データが証明されているようです。
こうしたデータより、今日ではFP試験に限らず、その他の資格試験対策や大学受験対策において「1コマ90分」の鉄則が重視される傾向にあります。

「90分」というと少々心もとないイメージではありますが、実際に学習に取り組んでみると、そうとは感じられないものです。
むしろ、90分を超える学習時間においてはどうしても集中が途切れがちになる、もしくは眠気に襲われるといった事態に陥りやすくなるのではないでしょうか?
受験生の皆さんも、FP試験対策の際には、ぜひこの「90分」を意識してみましょう。