独立系のFPとは?

独立系FPになるために(独立・開業の難易度)

前のページでも述べたとおり、FP資格取得後にファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている人のほとんどは、「独立系FP」ではなく、「企業系FP」の道を選んでいます。
これは、「企業系FP」よりも「独立系FP」になる方が難しいということではなく、あくまでもFPになった後のこと、すなわち仕事としての成功・活躍の難易度の問題が大きく影響しています。

これもまた前のページで述べたことですが、「企業系FP」は金融機関などに所属する会社員ですので、極端な高年収は期待できないかもしれませんが、少なくとも安定した収入は保証されています。それに対して個人事業主である「独立系FP」は、成功すれば一般的なサラリーマンを大幅に上回る年収を稼ぐこともできますし、逆に失敗すれば大幅に下回る年収しか稼げないこともあります。

その意味では、独立・開業の難易度自体はそれほど高くはないものの、その後に成功することの難易度は高いというのが、「独立系FP」の特徴だと言えるでしょう。


独立系FPの魅力とは?

「企業系FP」と比べると「独立系FP」を目指すのは非常にリスキーです。しかし、それでいながらも決して少なくない数の人たちが「独立系FP」の道を歩んでいるというのは、そこに「企業系FP」にはない魅力があるためです。

もちろん、高年収が期待できるというのもそのひとつでしょう。
確かに、十分な年収が稼げないリスクもありますが、自分の努力次第で1000万円を超えるような高年収を稼ぐことも可能です。まさに「自分の努力次第」であるわけですから、腕に自信があり、やる気のある人ならば、独立・開業を目指すのも当然かと思います。

そしてもうひとつ、「独立系FP」には「企業系FP」とは異なる大きな特徴があります。
「企業系FP」は、相談業務ももちろん大事な仕事ですが、売上を上げるためには、自社の金融商品をお勧めして購入してもらわなければなりません。そこには得てして、公平性・中立性の問題が発生してしまいがちです。

それに対して「独立系FP」には自社商品などありませんし、そもそも相談業務自体で報酬を得ますので、無理に特定の金融商品をお勧めする必要もなく、真に公平で中立的な立場からアドバイスを行うことができます。ここに魅力とやりがいを感じている「独立系FP」は実際に少なくありません。