独立系のFPとは?

独立系FPになるために(独立・開業の難易度)

前のページでも述べたとおり、FP資格取得後にファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている人のほとんどは、「独立系FP」ではなく、「企業系FP」の道を選んでいます。
これは、「企業系FP」よりも「独立系FP」になる方が難しいということではなく、あくまでもFPになった後のこと、すなわち仕事としての成功・活躍の難易度の問題が大きく影響しています。

これもまた前のページで述べたことですが、「企業系FP」は金融機関などに所属する会社員ですので、極端な高年収は期待できないかもしれませんが、少なくとも安定した収入は保証されています。それに対して個人事業主である「独立系FP」は、成功すれば一般的なサラリーマンを大幅に上回る年収を稼ぐこともできますし、逆に失敗すれば大幅に下回る年収しか稼げないこともあります。

その意味では、独立・開業の難易度自体はそれほど高くはないものの、その後に成功することの難易度は高いというのが、「独立系FP」の特徴だと言えるでしょう。


独立系FPの魅力とは?

「企業系FP」と比べると「独立系FP」を目指すのは非常にリスキーです。しかし、それでいながらも決して少なくない数の人たちが「独立系FP」の道を歩んでいるというのは、そこに「企業系FP」にはない魅力があるためです。

もちろん、高年収が期待できるというのもそのひとつでしょう。
確かに、十分な年収が稼げないリスクもありますが、自分の努力次第で1000万円を超えるような高年収を稼ぐことも可能です。まさに「自分の努力次第」であるわけですから、腕に自信があり、やる気のある人ならば、独立・開業を目指すのも当然かと思います。

そしてもうひとつ、「独立系FP」には「企業系FP」とは異なる大きな特徴があります。
「企業系FP」は、相談業務ももちろん大事な仕事ですが、売上を上げるためには、自社の金融商品をお勧めして購入してもらわなければなりません。そこには得てして、公平性・中立性の問題が発生してしまいがちです。

それに対して「独立系FP」には自社商品などありませんし、そもそも相談業務自体で報酬を得ますので、無理に特定の金融商品をお勧めする必要もなく、真に公平で中立的な立場からアドバイスを行うことができます。ここに魅力とやりがいを感じている「独立系FP」は実際に少なくありません。


企業系のFPとは?

仕事としてのFPには2種類ある

「お金」に関する知識・スキルを学ぶFPは、日常生活でも役立つということで、仕事のためではなく、あくまでも実用や自己啓発のために取得する人も少なくありません。
FP3級までであればそれでも良いのですが、せっかく苦労してFP2級以上の難しい試験に合格したのなら、やはりFP資格を仕事に活かすことも考えたいものです。

「FP資格を仕事に活かす」ということは、基本的にはファイナンシャル・プランナーとして働くことを意味します。そして私たちは、このファイナンシャル・プランナーのことを略して「FP」と呼んでいるわけですが、厳密にはFPには2つのタイプが存在します。

まずひとつめは「企業系FP」と呼ばれるタイプで、このタイプのFPは主に保険会社、銀行、証券会社などに勤務して、そこの社員という立場でファイナンシャル・プランニング業務を行います。
もうひとつは「独立系FP」と呼ばれるタイプで、こちらのタイプのFPはどこにも所属せず、自ら事務所を構えて一匹狼としてファイナンシャル・プランニング業務を行います。


企業系FPになるために(就職・転職の難易度)

ここでは、2つあるタイプのうち、「企業系FP」についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

「企業系FP」の主な仕事内容は、窓口での相談業務や、所属する金融機関が主催するセミナー業務などですが、それ自体は無料で行われることが多くなっています。その代わり、相談やセミナーの終了後に自社の金融商品をお勧めし、販売することで利益を得るという形を採ります。

その実績は報酬にも当然反映されますが、とは言っても、「企業系FP」はあくまでも金融機関に勤務する会社員ですので、一般的なサラリーマンと比べて年収が大きく変わるようなことはあまりありません。

さて、そんな企業系FPになるためには、どうすれば良いのでしょうか?
今述べたとおり、FPと言えども一会社員に過ぎませんので、基本的には通常の就職・転職活動を通じて、金融機関に入社しなければなりません。

ただし、金融機関に就職・転職するにあたって、FP資格が大きな武器になることは間違いありません。FP資格を取得して実際にファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている人のほとんどは、「企業系FP」の道を選んでいるようです


2級 or AFP?難易度の違いは?

合格率で安易に判断せず、過去問を見て決めるべし

さて、冒頭でFP試験の制度について簡単にご紹介しましたが、きんざいとFP協会それぞれが運営するFP試験にはどんな違いがあるのでしょうか?
また、初学者であればどちらのFP試験を受験するのが良いのでしょうか?
ここでは、きんざいとFP協会の相違にクローズアップして、ご紹介していきたいと思います。

FP試験において、「きんざいか?協会か?」の議論が交わされるのは2級試験です。
FP2級技能士を名乗るためには、「協会主催のAFP認定試験に合格する」か「きんざいの2級検定に合格する」のいずれかにクリアしなければなりません。

このように2種類の方法がある場合、「どちらの道が近道か」といったポイントは受験生にとって最大の関心事であると言えましょう。

まずは、きんざいのFP試験の特徴についてですが、おおよそ下記の通りまとめることが出来ます。

  • 問題数が少ない(問題冊子15~20ページ)
  • 問題の難易度が高い(マニアック、細かな知識を要する)
  • 実務というよりは、わりと教科書的な知識が重要視される
  • 問題が少ない分、1問のミスが大きく影響する

一方で、協会によるAFP試験の特徴といえば、
  • 問題数が多い(問題冊子35~40ページ)
  • 基本レベルの出題が目立つ
  • 確定申告やキャッシュフロー表など、身近な素材からの出題が多い(実務経験者向き)

といった項目にまとめることが出来るでしょうか。
このように、きんざいと協会ではFP試験の内容に若干の差があるような現状です。


それでは、「それぞれのFP試験の合格率は?」というと、学科・実技ともにきんざいでおおよそ20~40%前後、FP協会で35~45%程度と、協会主催のFP試験の方が高くなっていることが分かります(詳細は「合格率のウソ、ホント」にて)。
このように紹介すると「それならば、だんぜん協会主催のFP試験を受験する方が得なのでは?」と思われがちですが、安易に決断するのは危険です。
FP協会の試験の場合、わりと実務者向けの内容が問われる傾向にあるため、当然のごとく実務経験者の受験が目立ちます。
そうなると、協会は必然的に受験者のレベル自体が高いと言えるわけなんですね。
初学者のアナタに向いているかどうかはまた別問題、ということになります。

きんざいが協会か、どちらのFP試験を受験するかは、しっかりと過去問をチェックしてから決めるようにしましょう。


きんざい?協会?どちらを受ける?

両者を上手に活用して、FPとしてステップアップを目指す

FP試験を受験する際、ぜひ事前にしっかりと考えておきたいのが「どんな風にステップアップしていくか」というポイントです。

FP試験に挑戦し資格を得るだけが目的なのか、もしくは本格的にプロとして仕事をしていきたいのか。

こうした問いかけは何もFP試験だけに限ったものではありませんが、3級→2級→1級とステップアップの道がどんどん続くFP試験の場合には「どの程度まで目指すのか」によって試験の受け方もずいぶん変わってくるのではないかと思います。

 

FP試験の場合、「きんざいか協会か」で試験内容やその後のスキルアップの仕方が変わります。

詳しくは次項(「2級orAFP?難易度の違いは?」)でご紹介しますが、試験問題に関して大まかにいえば「きんざいは教科書的な出題」「協会は実務的な出題」が目立つという特徴があります。

また、協会のFP試験を受験し晴れてAFPやCFPに合格した場合、協会への登録料や継続教育費用など、経済的な投資が必要となってきます。

一方で、きんざいのFP試験では合格後にこうした負担が発生することはなく、一度合格してしまえば生涯「FP技能士」を名乗ることが出来ます。

 

これからFP試験に挑戦される方は、きんざいと協会それぞれの特徴を見極めつつ、自らのライフスタイルに合っているかどうかで判断していくのが良いでしょう。

もっとも、「仕事に活かすかどうかはまだ分からないけれど、教養として知識を持っておきたい」という程度でしたら、まずはきんざいのFP3級試験からスタートし、その後2級、AFPとステップアップするかどうかを決めるのが妥当かもしれませんね。


合格率のウソ、ホント

「きんざいよりも協会のほうが合格率高め?」の裏側

前項で「2級がいいの?それともAFP?」という話題に触れましたが、それぞれの合格率に注目した場合、きんざいと協会では下記のように比較することが出来ます。

試験日 きんざい
学科
協会
学科
きんざい
実技
協会
実技
2012年1月 20.29% 38.96% 23.02% 49.17%
2011年9月 24.98% 43.11% 44.02% 50.66%
2011年5月 29.69% 42.51% 42.65% 56.92%
2011年1月 21.43% 35.63% 25.02% 69.34%
2010年9月 30.31% 43.11% 35.05% 36.64%
2010年5月 49.50% 55.20% 68.07% 42.23%
2010年1月 23.49% 29.17% 32.61% 43.06%
2009年9月 29.09% 34.25% 38.56% 44.58%


上記は、きんざいとFP協会それぞれの公式HPに公表されているデータをまとめたものです。
また、きんざいの実技試験については初学者の大多数が選択する「個人資産相談業務」での合格率を採用しています。

いかがでしょうか?
分かりやすいように合格率の高い方を赤で記しましたが、「協会の合格率の方が高い」のは一目瞭然ですね。
こうなると、「FP試験受けるなら協会で・・・」と言いたくなりますが、ちょっとストップ!ここで、前項の後半部分につながってくるというわけです。

 協会のFP試験を受験する人の場合、その出題の特徴から、すでに実務に携わっている方が多い傾向にあります。
また、資格取得後に投資を要するAFPやCFPを目指す方ばかりですから、いわば“その道のプロ”を目指す人ばかり。
単なる教養のためのFP試験ではなく、その先も見据えて挑戦されているのです。
よって、協会側のFP試験の合格率の高さというのは、単純に「試験内容が容易だから」とは言い難いということになります。

 FP試験で公表されているデータの裏側、少しはお分かりいただけたでしょうか?
こうした背景を心に留め、相応しい方のFP試験に挑戦できると良いですね。


膨大な試験範囲、どう勉強する?

キーワードは「浅く広く」。脱・完璧主義で効率重視の学習を


 FP試験の勉強に取り掛かってみると、次第にその「試験範囲の広さ」に悩まされるようになります。

一つひとつの分野はどうにか理解できるが、
違う内容を学習すると一度頭に入れたことも忘れてしまう。
異分野同士の学習内容がごちゃまぜになってしまい、うまく覚えられない。
そもそも覚えることが多すぎて大変・・・。


こうしたお悩みは、FP試験初学者であればあるほどよくあるトピックスです。
FP試験の幅広い試験範囲、一体どのように攻略して合格を目指すのが得策なのでしょうか?

 FP試験の学習のコツはずばり、「欲張りすぎないこと」。
細かな知識をすべて完璧に覚えようとしたり、一度で完璧に仕上げようとしたり、といった勉強は厳禁です。
重要なのは、「広く浅く」
を心がけること。
出題されやすいポイント、すなわち基礎を中心に、どの科目でもまずは基本的な事項を押さえることです。
これを反復することによって、自然と基礎固めが出来、FP試験で求められる細かな周辺知識も身についてきます。

 また、FP試験においては「問題演習」も知識の定着に役立ちます。
ポイントは、「なるべくこまめに問題を解いてみる」
こと。
ひとつの単元が終わるたびに、習得した知識がFP試験でどんな形で出題されるのかを確認する意味で、軽く問題に触れておくのが良いでしょう。
「過去問演習はひと通り学習が済んでから・・・」という方もいらっしゃいますが、これはあまりオススメできません。
この場合、演習に取り組む段階ではすでに知識は抜け落ちていますから、あまり効率が良くないのです。
解けなくても良いので、とにかくこまめに問題を見るよう、心がけてくださいね。
 

合格直結の教材選び

“見やすさ重視”で理解度UP!


 FP試験の合否に大きく関わるポイントといえば、やはり「教材選び」ではないでしょうか?
FPの試験勉強で使うテキストは、いわばアナタが習得する知識そのもの。
内容の質にこだわりたいのはもちろんのこと、理解が進むものかどうか、出題される事柄が的確にまとめられているかなど、こだわるべきポイントはたくさんあると思います。
しかしながら、初めてFP試験に挑戦される場合、どんな教材が良いのか見極めるのに苦労するものです。
そこで、このページでは、初学者でも無理なく学べるFP試験対策テキストの特徴を、簡単にまとめておきます。


◎テキストが見やすいかどうか
FP試験では、たとえ3級といえども、難しい専門用語があちらこちらに登場します。
初めてFP試験を受験する際、まずネックとなるのがこうした「FP試験特有の語彙を正しく理解できるかどうか」という点です。
難しい内容の理解には、しっかりと図表やイラストなどで理解しやすいような工夫がされているかどうかはぜひ事前に確認しておきましょう。
時折、文字ばかりの単調なページ展開の教材も見受けられますが、これでは期待通りの学習効果は得られません。
また、白黒よりもフルカラーのテキストが、視覚からの理解に役立ちます。


◎FP試験に出題されるポイントがコンパクトにまとめられているかどうか
出題範囲が多岐に渡るFP試験。
その内容を詳細に把握しようと思えば、実に膨大な時間がかかってしまいます。
効率良く合格を目指すなら、まずは出題されるポイントのみに的を絞り、必要な知識のみをピックアップして頭に入れていくのが得策です。
よって、最初から細かな知識に目がいってしまうような教材はNG。
出題ポイントがひと目で分かるよう、コンパクトにまとめられているテキストがオススメです。


◎講義の内容が充実しているか
FP試験の難解な内容の理解をスムーズにしてくれるのが、プロによる対策講義です。
書店などで売られているテキストのみでFP試験に臨む方もいますが、初学者の場合、どうしても文字を追うだけではカバーしきれないということも多々あるもの。
こうした理解不足を補ってくれるのが、解説講義の役割です。
通学や通信で学習する場合、講義が分かりやすいかどうかは大切なポイントになります。


「通信>通学」ってホント?

授業や教材の質、受講料、サポート・・・最近の通信は意外と侮れない!


 FP試験の受験を決意したら、次に決めるべきなのが「どんな方法で勉強するか」。
皆さんも今、相応しい学習法を求めてあれこれネットでお調べになっている最中なのではないでしょうか?

そんなFP試験受験生にオススメしたいのが、「通信教育」という選択肢です。
資格受験といえば、一般的には「やっぱり予備校に通うべきかな」というイメージが強いと思われがちなのですが、最近では社会人を中心に「通信教育」の活用がぐんと増えているんです。

 しかしながら、「通信教育」というと、どこか不安感のようなものがつきものです。
「教材が粗悪なものだったらどうしよう」「仕事をしながらこなせるかどうか不安」「質問応対はどうなっているの」など、自宅で気軽にスタートでき、受講料も比較的安価な通信教育については、一方である種の心もとなさのようなものが感じられてしまうことも確かです。ひと昔前には、「教材が送られっぱなしでその後のフォローが一切ない」といった悪質な教材も出回っていたこともありました。

ですが、これはFP試験対策に限ったことではありませんが、最近の通信教育は世の資格ブームを背景に、ぐんとそのクオリティが高まっています
テキストの充実度はもちろんのこと、近頃では映像講義の提供が当たり前になってきており、初学者でもスムーズに学べる授業展開の講座が数を増しています。
また、通信教育といえども学習面や生活面でのサポートにもしっかりと対応する会社が増えており、質問応対や学習計画のフォロー、悩み相談などにも親切です。

各社の様子を知る限りでは、「通信教育だからと言って、すべてを受講生任せにするような時代はもう終わりを迎えた」と言っても過言ではないでしょう。

 講座内容が充実していれば、通信教育は何かと忙しい社会人のFP受験生にとっては心強い味方となるでしょう。
予備校への通学にはどうしても金銭的、時間的負担を要しますから、この点が解消するとなると、ぐんと学習にも取り組みやすくなるはずです。

FP試験対策に通信教育、「これまで選択肢になかったけれど・・・」という方も、まずはサンプル教材や問い合わせなどでそのクオリティを確かめてみてはいかがでしょうか?