膨大な試験範囲、どう勉強する?

キーワードは「浅く広く」。脱・完璧主義で効率重視の学習を


 FP試験の勉強に取り掛かってみると、次第にその「試験範囲の広さ」に悩まされるようになります。

一つひとつの分野はどうにか理解できるが、
違う内容を学習すると一度頭に入れたことも忘れてしまう。
異分野同士の学習内容がごちゃまぜになってしまい、うまく覚えられない。
そもそも覚えることが多すぎて大変・・・。


こうしたお悩みは、FP試験初学者であればあるほどよくあるトピックスです。
FP試験の幅広い試験範囲、一体どのように攻略して合格を目指すのが得策なのでしょうか?

 FP試験の学習のコツはずばり、「欲張りすぎないこと」。
細かな知識をすべて完璧に覚えようとしたり、一度で完璧に仕上げようとしたり、といった勉強は厳禁です。
重要なのは、「広く浅く」
を心がけること。
出題されやすいポイント、すなわち基礎を中心に、どの科目でもまずは基本的な事項を押さえることです。
これを反復することによって、自然と基礎固めが出来、FP試験で求められる細かな周辺知識も身についてきます。

 また、FP試験においては「問題演習」も知識の定着に役立ちます。
ポイントは、「なるべくこまめに問題を解いてみる」
こと。
ひとつの単元が終わるたびに、習得した知識がFP試験でどんな形で出題されるのかを確認する意味で、軽く問題に触れておくのが良いでしょう。
「過去問演習はひと通り学習が済んでから・・・」という方もいらっしゃいますが、これはあまりオススメできません。
この場合、演習に取り組む段階ではすでに知識は抜け落ちていますから、あまり効率が良くないのです。
解けなくても良いので、とにかくこまめに問題を見るよう、心がけてくださいね。